雑談

食品偽装のニュース

関西の某ホテルの食品偽装が話題になってますね。

この手の問題が発生するといつも思うことがあります。

飲食業界にいる私が言うと変な誤解が生じてしまう恐れがありますが…

あくまで一般論として読んでください。

①もちろん偽装した店が一番悪い。

②消費者の不勉強や思い込みが利用されている。

といつも思います。

①に関しては背景として同情の余地はあるものの、やってしまったのは悪い。

②は誤解が生じやすい部分です。

「冷凍の魚を鮮魚と偽った。」確かに偽装ですね。

この一歩手前くらいは業界内では結構やってます。どこがとかではなく一般論としてですよ。

お寿司の「エンガワ」といえば、ヒラメのエンガワが常識ですが、某回転寿司では違う魚のエンガワです。

嘘ではないです。エンガワは部位の呼び名だから…とか。

スーパーで売っている「和牛」と「国産牛」の違い知ってます?

むかし、オーストラリア産和牛って書いてあって何のこっちゃ?って思ったら、

和牛は品種で国産牛は日本産という意味だそうです。

だから和牛=国産牛ではないということ。混同しやすいですよね。

「銀ムツ」はムツじゃなくて「メロー」って魚だけど銀ムツのほうが売れる。(最近はメローと表示してある)

嘘じゃないけど意図的に勘違いさせているのか?

これは企業努力とも言えるわけで難しいところです。

ここらへんはルールに則っているからセーフ。

某ホテルのはアウト。

言いたいことは

①アウトはダメだけど一歩手前のセーフもいっぱいあって踏み越えて     しまう企業も多い。

②セーフの部分も消費者が少しは勉強しないと、思ってたのと違ったの?ってことになる。

③企業も葛藤している。

正確な表現を使いたいが伝わりにくい。まわりくどい説明より、多少誤差があってもレスポンスの良い表現のほうが売れる現実。

大間のまぐろは高いけど旨い。だからといって、大間のまぐろなら絶対旨いかと言えばそうでもない。当たりはずれがあるということ。

時期や物によってはもっと安くて旨いまぐろもある。

嘘でも大間のまぐろです。って言ったほうが売れる現実。

太平洋の真ん中で捕れたまぐろに○○産と名付けることに意味があるのか?(この手のまぐろにどこ産?と聞かれても答えようがない。)

国産と海外産、天然と養殖、生と冷凍、どれも一概にこっちが旨いと言い切れない現実。そこを曖昧にすると売れない現実。

などなど。。。

「有害でないのならおいしければ良いじゃん」って方はいいけど、

一喜一憂するなら思い込みや宣伝を鵜呑みにしないで少し考えたほうが良いのではと思ってしまいました。

最後の方はちょっと愚痴っぽくなってしまったけど、偽装したくなる気持ちがわからなくもないというのが正直なとこかな。

2013-10-24 | Posted in 雑談No Comments » 

 

すてきなプレゼント

市川市 本八幡の居酒屋 『まぐろのカリスマ』

すてきなプレゼントをいただきました。

お客さんのチビッ子姉妹が私の似顔絵を描いてくれたんです。

姉妹だからなのか二人とも同じような顔に。。。

この子たちは赤ちゃんの頃から来ていて。

お姉ちゃんの子は今年小学一年生。

子供の成長は早いもんです。

私たち大人はあまり成長してませんが(笑)

うちが北千住で営業していたころからのお客さんです。

いまだに来ていただけてるのが大変ありがたいです。しかも、お子さん、ご両親と三世代で常連さんです。

会うたびに成長してる姿を見ていると嬉しいもんです。

その上こんなに素敵なプレゼント。

オジサンは涙がでそうになったよ。

大人になっても相手してね。臭いとか言わないでね。

いつ相手にされなくなるのか不安です。

おいしいもの与えて餌付けするか。。。

2013-10-17 | Posted in 雑談No Comments » 

 

ブログの効果!?

みなさま、三連休はいかがだったでしょうか?

私はほぼ仕事と野暮用で終了でしたが、うれしい事がありました。

ブログのアクセスが先週くらいから上がってきました。

ぜんぜん自慢できる数ではないのですが、自分の中ではモチベーションアップになってます。

お客様からブログ読んでるよ。とか以前よりも言われるようになり、実際にブログ経由でご来店いただいたお客様も増えました。

この三連休も2組ご来店いただき感謝、感謝。本当に有難いです。

ブログを書きはじめた当初は店の宣伝というか、どういう店なのかを知っていただきたいとの思いからです。

このお店を始めた頃、自分の中では良いまぐろをなるべく安く出しているつもりでした。

安いねと言ってくださるお客様もいましたし、値段だけで高いと判断された時もありました。

人の価値観はそれぞれですが、あきらかな誤解もありました。

一般の方にもわかりやすく説明をする必要があるのでは?

と思うようになり、更新し続けてきました。

日本酒なんかも同様ですね。

安売り競争が激化している飲食業界の中で安さではなく質で勝負して

いる酒蔵の方の思いを誰かが伝えなければと勝手に思い、勉強会な

どもはじめました。もちろん自店の集客もありますよ。。。

そんなこんなが形となって効果にあらわれてきたのは嬉しいかぎりです。

他の方のブログを拝見して勉強させていただいたり、どういう表現が

伝わりやすいのか考えたりと少しづつではありますが、成長できてい

るのかと実感させていただきました。

まだまだこれからも成長できるように続けて行きたいとあらためて思いました。みなさまの応援に感謝しながら。。。

2013-09-24 | Posted in 雑談No Comments » 

 

悩み相談

最近はいろいろな人の悩み相談にのる機会が多いです。

ほとんどは、相談というより愚痴に近い感じですけど…。

まあ、そのほとんどは人間関係ですよね。

「女房の話はまともに聞かずに受け流せ」と言われるように解決策を求めるというより誰かに聞いて欲しいだけという場合もあります。

聞いているだけでも、人間関係というのはいつでも、どこでも難しい問題なのだなあと。

夏目漱石の「草枕」という小説の書き出しの言葉に

「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。」と有名な言葉ですが、

自分なんかは完全にこのパターンですわ。

理屈や筋を通そうとしては人とぶつかって、情をかけても裏切られ、意地を通しすぎて会社辞めて今、店やってるんですから。

明治時代から自分の行く末を予言されてた気分です。

私のことはさておき、よくあるパターンでいえば、職場の上司と合わないパターン。

基本的に上司は選べないので自分を変えるしかありません。

どう付き合えば良いか?自分のスタンスを変えてみるのです。

人を変えるより自分を変える方が簡単ですから。

アプローチの仕方だったり、表現方法や言葉だったり、考え方や先入観をとってみたり、まめに報告するとか、おだててみたり、視野を広くしてみたりと。直接自分の考えている事を伝えてみるのも手です。

いろいろやってみてやっぱりダメだったら諦めましょう。

会社を辞めるか、違う上司に相談しましょう。

「いろいろやるだけムダだよ、うちの上司は」

という方も多いでしょうが、上司は変えられなかったとしても自分のコミニュケーション能力は確実に上がりますのでそれでチャラにしてあげてください。

まあ、私の知る限りではどの職場にも同じように変な上司がいるそうですよ。

うちの会社でも私というやっかいな上司がいますから。

2013-09-21 | Posted in 雑談No Comments » 

 

2 / 212