独立開業への道

賄いNO.1

 当社の魅力を語る上で外せないのが、賄いです。

それもハンパじゃありません。

賄い日本一を狙っています(笑)

まぐろのカリスマ 賄い

まぐろはもちろん!

まぐろのカリスマ 賄い

握り寿司だって!!

まぐろのカリスマ 賄い

昼は軽めにキーマカレー!

これは、うちのスタッフがうちの店の一番のファンであって欲しいとの思いで食べたいものは食べさせています。しかも無料で!

うちのおいしさを良く知っているからお客様にも心からオススメできる。

カレーはメニューじゃないけど(笑)

スタッフが店の味が大好きだら、自信をもてる。

お客様には無理やりオススメするのではなく本当においしいと思っているから自然にオススメできる。

お客様にはもちろん。スタッフにも手を抜かずおいしいものを食べてもらう。おいしいものって人を幸せな気分にする力があるとおもいませんか?

また、賄いは料理の勉強です。旨いまずいが言いあえるから新メニューも生まれたりします。

あとは、部活的なノリで遊んでます。

フットサル部、ボーリング部、BBQ部など、もちろん自由参加です。

おかげさまでスタッフは長く勤めてくれます。

学生バイトが辞める理由はほぼ卒業です。

辞めて社会人になっても賄いだけ食べにくる奴もいて困ってます(笑)

でもみんな良い子たちですよ~!

2014-09-19 | Posted in 独立開業への道No Comments » 

 

今後の展開予定

現在はまぐろ料理専門店「まぐろのカリスマ」1店舗ですが、

今後の展開予定としては多角的にあります。

ただ、今の段階では現実的なものから野望(笑)というか戯言レベルのものまであります。

当社に興味をもっていただいた方に「単なるまぐろ屋でしょ」って思われない為に恥ずかしながらあえて書きますので、そのつもりで読んでくださいね。

①総菜屋兼加工場

当社では「いちかわグルメグランプリ」を2年連続受賞した商品

(2012年まぐろ尾の身の唐揚、2013年まぐろネギトロ巻天ぷら)

をはじめ、近所の主婦がテイクアウトで買いにくる自家製ツナサラダ

等の人気商品が多数あります。

これらの商品を売る店舗を開発します。

この店舗は現店舗の加工場とストック場としての機能を持たせます。

狙いとしてはブランドの相乗効果と現店舗の仕込み負担軽減です。

②他業態の開発

現店舗の業態は専門性が高く差別化しやすいのが特徴ですが、多店舗化には向きません。

派生業態として、まぐろ丼専門店、寿司屋、寿司居酒屋は現実的です。

また、カフェ、パスタ専門店、イタリアン、ビストロなどの開発も視野には入っています。これらは潜在需要が高い業態、また会社としてのリスクヘッジの意味があります。

(将来的にまぐろの規制が進むことを想定して)

③他業種との連携

飲食及びグルメはコンテンツとして人気があり様々な連携の話があります。

「海外出店する会社のメニュー開発」「当社イベントの出張サービス」「メディアや地域イベントでのコンテンツ提供」

あいまいな書き方ですが、進行中のもの、構想段階のものなどがあり取引先との関係上具体的に書くことができないのが残念です。

ひとつだけ具体例をあげると

「日本酒勉強会」という当社の人気イベントがあります。初心者向けの日本酒講座ですね。

通常は店舗で月一回開催しているのですが、都心のオフィスビルでの開催オファーがあります。直接の売上にはなりませんが、店舗ブランドの向上と宣伝効果は見込めます。

 

なんだかんだと大風呂敷を広げるつもりはありませんが、

「何か面白そうな会社だな」と思っていただけたら有難いです。

2014-09-19 | Posted in 独立開業への道No Comments » 

 

飲食業界はなぜブラックなの?

前回飲食業界がブラック体質なのは構造が問題だと書きました。

なぜそうなってしまうのでしょうか?

もともと職人の世界だったというのもあります。

私がこの業界に入った時代は新入りが一番先に来て、一番最後に帰りました。

大変だなと思っていたら、上の世代の人達は住み込みで親方の付き人のような生活だったと聞きました。

ただ当時は技術を習得するためという意味合いが強かったと思います。

良い悪いではなくこういう風習だったのです。

現在、飲食業界の売り上げNO.1企業はゼンショーです。

そう、ある意味有名な「すきや」を運営している会社です。

その他にもTOP10に入っている会社はその方面でも有名です。

私が以前働いていた会社(某チェーン店)も今やTOP10企業ですが、当時は似たり寄ったりでした。(現在はわかりませんが)

このように職人から会社員となった現在でもあまり改善されていないような気がします。

これは飲食業の労働生産性が低いことが原因なんですね。

人時売上高でみると、製造業が7095円、情報通信業が7297円

卸売業6114円、小売業3421円に対し飲食業は2216円ですって!

わかりやすく言うと、スタッフ一人が一時間にいくら売上げるかの数値です。

もちろん仕込みや片付け、待機している時間も含まれていますし、あくまで平均なので「もっと売れているよ」という店もあると思います。

 

しかし業種でみるといかに飲食業が他の業種と比べて効率が悪いかが解ります。

言い換えると、人が長時間働いてその割りに低賃金でないと成り立たない産業なのです。

ここがブラック的になってしまう構造です。

ではどうすれば良いか?

売り上げを効率よく上げればよいのです。

言うのは簡単だけど、やるのは難しいんですよね。これ。

具体的に当社の取り組みとしては

①安売りや割引をしない。

価格の低さで集客するのではなく、価値を共有するお客様に来店いただく。

②お客様が知らないおいしさ、楽しさを体験を通して共感いただく。

各種イベントやオススメ、商品説明を通して今まで味わったことのないおいしさや楽しさを知っていただきファンになっていただく。

③料理には魂を込める。

料理や味には作っている人の心がでます。自信をもってお勧め出来るものを提供。

④お客様の要望に「答える」のではなく「応える」

「お水ください」と言われてお冷をもっていくのではなく、お客様が薬を取り出したのを見て、氷なしの水を持っていく。

⑤良い食材を技術とアイデアで魅力ある商品にする。

まぐろの一本買い。コロで買うより安く仕入れられる。

皮や筋まで商品化することでコストダウンし他店との差別化も図れる。

ざっくりとしか書いていないので伝わりづらいと思いますが、実際やっていることは地味なことの積み重ねです。

この地味なことの積み重ねが重要かつ他店に真似されにくいノウハウです。

強くそして長く利益を出し続けられる店作りは気合や感動ではできません。

まだまだたくさんありますが、企業秘密の部分もありますのでこのへんで。

興味ある方には細部まで丁寧に説明いたします。

当社はまだまだ自慢できるレベルではありませんが、社会保険も完備しました。

実働8時間も実現しました。

これも1店舗の零細飲食店では珍しいと言われます。

普通は会社を大きくしてから整備するそうです。

しかし今この時点で出来ないようでは会社を大きくする意味もありませんし、強いお店にはなりません。

私は飲食業が他の業種と比べても素晴らしい魅力ある業種にして行きたいと本気で考えています。

あなたが独立開業する店はいきなり大企業ですか?

小さくても他の業種に見劣らない自慢の店にしたくないですか?

流行に乗るのではなく長く利益を出し続けられる店にしたくはないですか?

店舗展開も単純な2号店3号店ではなく、多角的に考えています。

今後の展開予定は次回にまた。

一緒に学べるチャンスは今あります。

まだまだ小さな会社ですし、私一人の力は微々たるものです。

共感をいただける方、ご興味いただけた方、私のチャレンジに協力いただける方のご応募ぜひお待ちしています。

求人の詳細はhttp://www.gourmetcaree-tokyo.com/s-pc/webdata/detail/index/20261

ご応募は047-376-7056 中山まで

2014-09-17 | Posted in 独立開業への道No Comments » 

 

独立支援制度

飲食業界のイメージとして、ネガティブなものはブラック企業。

ポジティブなものは独立開業しやすい。というのが代表的です。

ブラック体質については業界の構造的なものでもあります。

なんせ、業界のトップ企業がある意味での有名企業ばかりですから。

○きや、○タミ、○クドなどなど。

これについては、次回また詳しく書きます。

今回は独立開業について。

「独立開業しやすい」というのは裏を返せば「潰れやすい」ということです。

一説では5年以内に9割潰れる。と言われております。

つまり独立開業は簡単だけど、続けていくのが難しいということです。

ここ重要ですよ。テストにでます(笑)

大手チェーンでもスクラップ&ビルドを繰り返していますし、個人店は目まぐるしく入れ替わっているのが現状です。

つい最近まで絶好調だったステーキ○ん、焼き牛丼○カラめしも下降線らしいです。

俺の○○もあと何年もつか?なんていわれています。

個人で独立開業したい人は独立開業すれば満足ですか?

開業したら継続して利益を出し続けることが重要ではないでしょうか。

そのためにはどうすれば良いか

当社ではここを中心に指導しています。

独立開業希望者には現場店舗にて1~5年(能力による)経験を積ん

でもらい、新店もしくは既存店にて業務委託形式で独立してもらいます。

業務委託で3年後、契約延長か完全独立かを選んでいただきます。

もちろん、業務委託期間をなしで完全独立したい方にもサポートはします。

詳しいサポート内容や独立形態は本人の意向に沿うようにアレンジします。

あなたがどうしたいかでサポート内容は変わります。

あなたに一番合うやり方を話合いながら見つけていきたいと思っています。

もちろん、会社に残って幹部としてキャリアアップしていただくのも大歓迎です。

私自身は独立開業して12年です。

12年前に最初に開業した店は後輩が業務委託後に完全独立して、今も順調に営業しています。

2件目に開業した店は6年営業した後に今の店舗に移転しました。

今の店舗は4年営業しています。

今、うちのスタッフで独立希望者の子は「寿司屋」をやりたいそうです。

個人店の寿司屋の現状は回転寿司に押されて厳しい状況です。

うちで働きながら学ぶようになり、身につけなければいけない事がまだまだあったと、開業プランを一緒に練り直しています。

2014-09-17 | Posted in 独立開業への道No Comments » 

 

なぜ「まぐろのカリスマ」?

なぜ「まぐろのカリスマ」?

この質問はお客様をはじめ、取引先や取材の記者さん等からもよく聞かれますね。

当社に応募を検討中の方も気になった人いると思います。

なんでこの店名なの?という意味では。。。

カリスマとは大きくでたな(笑)とからかわれたり、誤解されたりします。

まあ、単純に店名聞いただけで「まぐろが美味しい店なんだ」と伝わるかなと思ってつけました。

あと、まぐろ業界も広くて

まぐろ漁師、大卸、中卸、商社、流通、小売店、研究者、養殖業者、学者、料理人などなど様々です。

各分野にそれぞれ専門家がいらっしゃいます。

当社では「まぐろ料理」の分野でカリスマを目指そうという意味も込めました。

もうひとつなんでまぐろ料理専門店なの?という意味ですと

まぐろはみんな好きでしょ。大人も子供も若者も年配の方も。

なのに。。。

意外とみんなよく知らないんです。

誤解していたり、本当のおいしさを知らなかったり。

私自身もそうでした。

昔はまぐろ嫌いでしたから。

大人になって、ちょっと高級な店で高級マグロを初めて食べてようやくおいしさに気づきました。

そうなんです。美味しいまぐろは高いんです。

でも、この美味しい高級まぐろをなんとかリーズナブルな値段で提供できないか?というのが今の店の原点になりました。

どうしたら高級まぐろをリーズナブルな値段で提供できるか?

その答えが「まぐろ料理専門店」なのです。

少量買うより一本まるごと買ったほうが安く仕入れられる。

まるごと買っても使いきらないと赤字になる。

使い切る為に、頭や尻尾や皮までおいしく食べられるメニューを開発する。

そんなこんなでまぐろ料理専門店になりました。

まだまだカリスマへの道は遠いですが、日々進化していきたいものです。

2014-09-16 | Posted in 独立開業への道No Comments » 

 

代表からのメッセージ

こんにちは。株式会社マクロ 代表取締役 中山と申します。

千葉県の西の端っこ市川市で「まぐろのカリスマ」というお店を経営しています。

現在、1店舗ですが今後、新店舗や様々な事業計画があります。

その為、当社の未来を共に創造していける仲間を募集中です。

吹けば飛ぶような零細企業ですが、少なからず魅力のある会社にして

いく所存です。

このブログを見て少しでも当社の方針に共感していただければ有難い

です。

※ただ今、求人募集をしています。「独立開業への道」のブログは当社に応募を検討している方向けに書いております。興味ない方はお手数ですが、他のテーマをご覧ください。

2014-09-09 | Posted in 独立開業への道No Comments » 

 

飲食店で独立しよう③

長々と3回にわたって書いてきましたが安心してください。今日で最後です。

ちょっと簡単にまとめてみましょう。

①独立開業にお金、腕、経験が足りないから出来ない。

またはチャンスをただ待っている。

そういう考えではいつまでたっても出来ませんよ。自分の気持ち次第で                      すよ。

②独立開業に必要な知識や能力は料理人の能力とは別のものが多く、ほとんどの料理人はそれを知らない。知っているつもりでも実際にやってみると、うまく行かない事の方が多い。

ようするに「できない理由を探すのではなく、どうやったら出来るか考える」

料理の腕だけでは世の中通用しない。一般常識や自分の必要となる知識も勉強しよう。

ここまででようやく開業までのスタートを切れそうです。

でも、待ってください。

開業したら満足ですか?あとはどうなっても良い?

実は開業よりも、続けていくほうが大変なんです。

どこのデータか忘れたけど、新規開業した飲食店の9割が5年以内に潰れているそうです。

本当かな?って思うけど、思い当たるところも多々あります。

ではどうすれば良いか?

ぶっちゃけた話、正解はありません。自分で見つけてください。

ここまで読んで損したぁー!!

と思ったでしょ。でも本当に正解はないのです。

私が上手くいっている方法教えてもいいんですけど、あまり意味がないんです。

ここ最近は時代や環境がどんどん変わっています。

私が10年前に独立した時に上手く行っていた方法は今は通用しません。

もちろん、基本は変わらないですよ。

Q(クオリティ) S(サービス) C(クレンリネス)とかって今でも当たり前です。

昔はこの3つで良かったのが、今はもっともっと増えています。

レジャーの要素とかエンターテイメント、インパクト、アメニティ、「お・も・て・な・し・」とかどんどん増えてる。

一番恐ろしいのが安売り競争。クーポンやポイント。

これについては長くなるので個人的な意見はここでは差し控えます。

ようするに、今うまくいっている方法でもこの先通用しないかもね。ってことです。

だから本当に重要なのは、

①今、自店にとってどういう方法が良いのかを考える力。

②それを試行錯誤して実現する力。

③状況をみながら進化させる力。

なのです。

この能力はトレーニングするしかありません。習慣化するまで反復練習するのです。

けっこう大変だけど、習慣化すれば無意識にできるようになりますよ。

歯磨きと同じです。

子供の頃、親からうるさく言われてやっていた歯磨きも、今はやらないと気持ち悪いでしょ。

当社で働くとこういうトレーニングをさせられます。

私が親としてうるさく言って無理やりやらせます。

そういうわけで、ご理解いただいた上でモチベーションの高い方でないと私は単なるうるさいオヤジになってしまいます。

もし、当社に興味ある方や話を聞いてみたいという方は047-376-7056

中山までご連絡ください。ブログにメッセージ送ってくれてもよいです。

詳しい募集内容はhttp://job.inshokuten.com/kanto/work/detail/3769?mode=list&nofollow=false

長々と失礼しましたー。

2013-09-28 | Posted in 独立開業への道No Comments » 

 

飲食店で独立しよう②

昨日http://ameblo.jp/maguronokarisuma/entry-11622917622.html の続きです。

大金持ちのオジサンはあなたの前には現れない。と書きましたが、


失礼しました。

「そんなことはないよ」「俺は真面目にやってるよ」という方もブログ読

んでるかもしれないですもんね。

それでは、仮に大金持ちのオジサンが現れたらの話しますね。

オジサンはあなたに出資してお店を出すと言ってくれました。

それにあたって、「事業計画書を作って損益分岐点を教えてくれ」と言

ってきます。

事業計画書?損益分岐点?という方はチャンスを逃します。

今からネットで意味を調べておいてくださいね。

その後も色々あるのですが、長くなるのでやめます。

ようするに、金持ちオジサン待ってるなら準備は出来てるんですか?

ってことです。

事業計画書や損益分岐点なんて、ほんの入口ですよ。一般の社会人

ならみんな知ってます。書けるかは別ですけど。

いつ来るか解らないチャンスでも準備さえしていれば、すぐに乗れます。

チャンスが来てから準備しても遅いのです。

物件の良し悪しの判断、商圏のマーケティング、コンセプト立案、メニ

ューの作りこみ、業者選定、人材教育、広告宣伝、開業の届け出、税

金、経理、プレオープン、テーブルの色から割りばしかエコ箸かなどな

ど。。。

他にも考えなきゃいけないこと山ほどあるのに。。。

でも正直に言うと、自分も独立するまで知りませんでした。

正確に言うと知ってるつもりでした。

自分は大手チェーンで新店立ち上げの責任者してましたし、エリアマ

ネージャーもやってましたので解っているつもりでした。でも自分でやっ

てみると全然違う。

だいたいチェーン店のノウハウなんて個人店で通用するわけないし。

うまく行かないことばかりだったんです。偉そうな事言ってるわりには。

あと感じるのは、飲食店で働いてる人ってバカが多いじゃないですか。

勘違いしないでくださいね。お勉強が苦手って意味ですよ。同じか?

自分がまさにそう。大学受験に全部落ちて浪人中にアルバイトで入っ

た飲食店にはまって今に至るって感じです。

大学にも入れず、ちゃんとした会社なんてまずムリ。書類で落とされ

る。そんなバカだったから飲食業界にいて、そんなバカだったから大

人になってから一生懸命勉強してる。

そんな自分みたいな経緯で飲食やってる人は一般常識を知らない。

同級生が一般常識覚えてるときに必死で洗い物してたり、必死でカツ

ラムキやってたりしてたから。だから余計にバカになる。

話が長くなりましたけど、うちで働けば個人店の開業ノウハウ全部教

えちゃいますよ!知識だけでなく実践編も交えながら、今すぐ使える

やつを。

てな感じでどうでしょう?

ちょっとはうちの店で働きたくなってきたんじゃないですか?

でもでも、ちょっと待って。実はもっと大切なことがあるのです。

それはまた次回。

ヒントは

あなたの目的はお店を出すことですか?

それともお店を繁盛させることですか?

2013-09-27 | Posted in 独立開業への道No Comments » 

 

飲食店で独立しよう①

飲食店で独立開業を目指いている方へ。

独立するにあたって今、なにか準備されていますか?

また、なにが足りなくて独立できないでいますか?

お金?料理の腕?経験?

これらはあった方が良いですが、別になくてもできます。

私の知り合いに自分でリアカー改造して屋台始めた人いますから。

これも立派な独立です。いまでは店舗かまえてやってます。

飲食未経験から缶詰だけのバーを開業した人もいます。

私が10年前に独立開業した店は、後輩が業務委託という形で私から

譲り受け、数年後に名義も変えて今では自分の店としてやってます。

お金がないなら、ないやり方があります。腕や経験も同じです。

肝心なのは自分の気持ちではないでしょうか?

気合とでも言うのですかね。

たぶん、ほとんどの方は何から手をつけて良いか解らず、ただ日常を

すごしているのではないでしょうか?

あと、誰かに声を掛けられるのを待っているだけの人もいますよね。

「君の腕をみこんで私が出資しよう!」ってある日、大金持ちのオジサ

があらわれて。

こういうパターンはあることはありますが稀です。

たぶん、あなたの前には現れません。現れたとしたらきっと詐欺師です。気を付けましょう!!

なぜって?

お金持ちのオジサンが実はあなたの本当のお父さんで自分は愛人の

子だったなんてドラマのような展開でもないかぎり、出資する人は普段

のあなたの仕事振りを見ていますから。

何千万円かポンて出してもらえる、その後「十倍返しだ!」できるくらい

の仕事してますか?

話がそれましたが、今日は「何から手をつけてよいかわからない方」に

朗報です。

実はうちの店、スタッフを増員する予定なんです。

なので求人広告出したいんですが、欲しいのは一人だけ。

もともと、少数精鋭でやっているのでモチベーションが低い方は当店に

は向いていない。

「将来独立してやるぅぅ!!」くらいの人に来て欲しいんですよ。

明日も続きを書きます。

「将来独立してやるぅぅ!!」という方や、お知り合いにそういう方がい

る方はぜひ続きをご覧ください。

興味ない方には申し訳ないですが、あと何回か続きます。でもアクセス

減らさないでね。

2013-09-27 | Posted in 独立開業への道No Comments »