マグロの秘密

勝浦産メバチまぐろ入荷!

市川市 本八幡の居酒屋 『まぐろのカリスマ』

千葉は勝浦産のメバチまぐろ入荷!

この時期の生メバチは良いですよ。

身がねっとりしていて脂も程よく、口の中に味が残る感じで旨みがあります。

なんでもまぐろ漁船の漁師さんは日本の東海岸沖、つまり太平洋のだいたい同じような地域で漁をしているそうで。

それをどこの港に水揚げしたかで○○産とつくそうです。

今回は勝浦に水揚げされたマグロ。

これを勝浦産といったらひょっとして「誤表示」という名の「偽装」?

記者会見の準備しなきゃ!!

うちみたいな小さい店だれも来てくれないか?

どこに水揚げするか。その日の相場が港によって違うらしく、漁師さんは値段がつきそうな港に行くそうですよ。

勝浦は比較的に相場が低いらしく得しちゃったかな。

その分お客様に還元しますね。

2013-11-20 | Posted in マグロの秘密No Comments » 

 

まぐろネギマ鍋だけでも旨いのに大トロしゃぶしゃぶもつけて…

市川市 本八幡の居酒屋 『まぐろのカリスマ』

急に寒くなってきましたが、みなさま体調はいかがでしょうか?

今年も鍋の季節がやってきました。

当店の名物「まぐろネギマ鍋」の解禁です。

ネギの甘味とまぐろの旨みがたっぷり出た極上の鍋。

このブログでは何度か書いてますが、そもそもネギマ鍋はすき焼きみたいな濃い味付けなんですよ。

なんでかというと、昔は冷蔵庫がなかったので、脂の多いトロは変色したり傷みやすかったそうです。大トロなんか最初に傷んだでしょうね。

比較的もちが良い赤身を有難がりトロは捨てていたそうです。

もったいないのでどうにか食べるにはという発想でネギマ鍋を開発。

臭み消しでネギを入れ、濃い味付けで煮込むという感じでしょうか?

当店のネギマ鍋は薄い出し汁です。

今の時代は冷蔵庫もあり、流通も発達してますからトロおいしいですもんね。

まぐろの優しい脂には薄い出し汁の方が合う気がします。野菜の旨みも出ますしね。
市川市 本八幡の居酒屋 『まぐろのカリスマ』

さらに大トロもつけちゃいます。鍋にもまぐろ入ってますがもう一丁って感じでしゃぶしゃぶで食べます。

 

もちろん、刺身でもいける極上のやつ。もったいない気もしますが、やってみるとこれがたまらん。

 

口に入れた瞬間にとろける食感。脂と旨みが広がり、甘味さえ感じます。大トロの余計な脂が落ち旨くなると同時に鍋出汁にコクと脂が移ります。これで最後の雑炊が楽しみになりますね。

 
市川市 本八幡の居酒屋 『まぐろのカリスマ』

こんな感じで表面だけサッと湯通しする感じで十分ですね。

あまり火を通しすぎないほうが良いです。半生で刺身としゃぶしゃぶの両方の良さを楽しみましょう。

まぐろネギマ鍋が一人前980円。

まぐろネギマ鍋大トロしゃぶしゃぶ付が一人前1480円

 

間違いなく大トロしゃぶしゃぶ付きがかなりお得になってます。

 

この季節ぜひご賞味ください。

2013-10-29 | Posted in マグロの秘密No Comments » 

 

お寿司が売れてます。

市川市 本八幡の居酒屋 『まぐろのカリスマ』

メニューを変更してからお寿司が売れるようになりました。

写真入りのメニューにした効果だと思います。

お子様から年輩の方まで寿司はみんな好き。

なかでも、まぐろは大人気ですよね。

まぐろしかないの?って聞かれるときがあります。

お寿司屋さんの感覚だとまぐろ寿司で2~3種類ですもんね。まぐろばっかりでは飽きちゃうって思うんでしょうけど…

うちはまぐろ寿司だけで多いときには20種くらいあります。

毎日そろってるわけではないですが、少ない日でも10種以上あります。

こんなにまぐろの寿司を楽しめる店は滅多にないので、当店に来たらまぐろ寿司をおもいっきり楽しんで欲しいですね。

もちろん旬の鮮魚もいくつかは用意してあります。

今の時期だと、生イクラがオススメですね。自家製で秋しかやりません。あと、サンマとかブリなんかも日替わりで登場します。

今まで味わったことのないマグロの味を食べにきませんか?

2013-10-26 | Posted in マグロの秘密No Comments » 

 

新メニューの…

市川市 本八幡の居酒屋 『まぐろのカリスマ』

まぐろと温野菜のバーニャカウダ風サラダ 680円

見た目そのまんまです。

アンチョビ、ガーリックのソースにまぐろと温野菜をつけて食べて下さい。

温野菜は日替わりなので写真はイメージです。

そろそろ鍋はじめようかと思ってたやさきにこの陽気。

夏服しまったばかりなのに、半そでを引っ張りだしてきた気分です。

夏の置き忘れ的な日にはぴったりのメニューではないでしょうか?

2013-10-11 | Posted in マグロの秘密No Comments » 

 

2 / 212