魂のこもった日本酒

日本酒の目利き②

前回、日本酒の目利きの簡単なポイントについて書きました。

http://ameblo.jp/maguronokarisuma/entry-11642141049.html

10月20日(日)16時~17時 会費1000円 要予約

参加したいけど予定が合わないよ。。。という方の為にちょっとだけ説明します。
市川市 本八幡の居酒屋 『まぐろのカリスマ』

日本酒のラベルには情報がいっぱい書いてあります。

例えばこれは、親切にも「超辛口+18」とあります。

前回の話でもふれましたが、辛口=旨いという方が多いのでわざわざ超辛口と書いたのだと思います。

ポイントは+18という数字です。

これは日本酒度といって、+は辛口、-は甘口の表示です。

数字が大きいほどより辛口、甘口となります。
市川市 本八幡の居酒屋 『まぐろのカリスマ』

こちらのお酒のように裏ラベルに「日本酒度+4」と書いてある場合もあります。

ようするにドライな味が好きな方は日本酒度が+で数字の大きいのを選べば良いということになります。

ただし、気をつけていただきたいのは、日本酒度の数字が高くても辛く感じない場合もあります。

人間の味覚は舌の情報だけでなく、香り、余韻、旨味、食べ合わせや雰囲気などで変わるからです。

一番上の写真の超辛口は日本酒度では超辛口だけど、純米吟醸なので吟醸香が強く、飲んでみるとそれほど辛く感じないかもしれません。

ここが難しいところです。
市川市 本八幡の居酒屋 『まぐろのカリスマ』
こちらも「超辛口」とわざわざ書いてますね。

日本酒度は書いてなかったのですが、調べたら+15でした。

しかし、よく見ると「無濾過 生原酒」と書いてあります。

無濾過は文字どおり濾過していない。

生原酒の生とは火入れをしていない。原酒とは加水していないという意味です。詳しくはhttp://ameblo.jp/maguronokarisuma/entry-11186964043.html

良くわかんなくなってきたでしょ?

ようするに「作ったまんまであまり手を加えてないですよ」ってことですね。荒々しい味がドライに感じるかもしれません。

しかも純米です。吟醸がついてないので香りもそんなに強くないのです。

なので、こちらの酒のほうが日本酒度は低いですが、飲んだときによりドライに感じると思います。

もちろん人によって感じ方も違うので一概には言えませんけど…

今回は辛口(ドライな味)が好みな方向けのポイントでしたが、こんな感じで自分の好みに合う日本酒の目利きが出来たら楽しくないですか?

実際に飲んでみたら「あれ?」ってこともあるでしょうけど、自分で選べる楽しみはあると思いますし、当たりを引く可能性はかなり上がると思いますよ。

まあこんなことを飲みながら、つまみを楽しみながらユル~くやっている日本酒勉強会です。

あさっての日曜日に予定合う方はぜひご参加ください。

047-376-7056まで。