ブログ

初孫

昨日は毎月恒例の日本酒勉強会でした。

今回は初孫の蔵元から佐藤さんが山形からきてくださいました。感謝。

今回は大サービスで6種の試飲です。

細かい説明は省きますが、(知りたい方は参加してくださいね)

個人的には一番左の熟成古酒が良かったですね。

きちんと熟成しているのにひねた感じがせず、それでいて初孫らしいキレもある。こんなのも造ってたんだ。知らなかった。。。

冷酒も良いけど、ぬる燗にしたら最高でした。

えっ?冷酒しか飲んでないって?

すいません。。。

この酒のぬる燗は予定になかったんですが、燗にしたら旨そうだなぁって一人で楽しんでました。

まだ少し残ってるので飲みたい人はお早目にご来店ください。

そして発泡にごりの「喝采」 金賞受賞のラベルのない非売品の酒。

「喝采」は俗な表現をすればカルピスサワー。

シュワシュワ感が心地よく、米の旨みを充分に感じる酒です。にごりのしつこさがなく爽やかに飲めるので参加者の評判もかなりよかったです。

この手のでは一ノ蔵の「すず音」が有名ですが、喝采のほうが先に販売していたそうです。

思わず、佐藤さんに「これ売れるのにアピール不足だよ」って言っちゃいました。余計なお世話でしたね。失礼しました。

「金賞受賞」は説明する必要はないですよね。間違いなく旨い。参加した人ラッキーでしたね。

よく、酒屋さんとかで「金賞受賞」とかのタグをつけて売っているのは受賞したやつの大量生産版だと思います。

でもこれは蔵に隠してあったのを佐藤さんがこっそり持ち出したやつですね。たぶん(笑)



こちらは仕込み水。

つまり初孫を仕込むのに使う水です。

試飲する時に「やわらぎ水」といって水を飲みながら試飲するのですが、早い話チェイサーですね。

今回の勉強会のためにわざわざ用意してくれました。

しかも参加者の皆様にロゴ入りのおちょこもプレゼントしていただきました。

こうしてふりかえると、すごく佐藤さんの熱意を感じる勉強会だったと思います。

 

うちのような小さい店にここまでしていただき有難いです。

 

調子にのって「新酒が出来たころにまたお願いいたします」
なんてお願いしちゃいました。

 

佐藤さん、参加者のみなさん本当にありがとうございました。

 

次回は8月24日16時からの予定です。

 

みなさま申し込みおまちしております。