魂のこもった日本酒

今回の日本酒勉強会は…

4月20日の日本酒勉強会は「〆張鶴」の宮尾酒造さんが来ていただけることになりました。

「〆張鶴」といえばまだ日本酒を覚えたてのころ、写真の特別本醸造を飲んで感動した事を思いだします。

純吟と思わせるくらいの香りと味が鮮烈なイメージでした。

今でも好きな銘柄の一つで、仕事用の前掛けは〆張鶴のロゴが入ったものを使ってます。

いま、下調べをしようと思ってネットで調べてたのですが、驚くほど情報が出てこない。俺の調べ方が悪いのか?

有名な銘柄としては珍しいです。

解ったこといえば、

鮭で有名な村上市の蔵でかなり老舗。

なんちゃらという2代目が書いた酒のレシピ的な古文書が家宝としてある。

問屋を通さない特約店販売。

かなりアバウトな書き方で失礼しますが「もっとあるでしょ!」

というのが正直な感想。

謎につつまれた蔵です。

これは当日、いろいろと聞き出して謎を暴いてやろうと思います(笑)

まあ、だからこそ逆に楽しみですね。

どんな話が聞けるかワクワクします。

聞き出した情報はまたアップしますね。お楽しみに!!